【閲覧注意】タランチュラがいるはずなのにいない地域、ヤバすぎる生物が生息していた…(画像あり)

Pocket

アメリカ、南アメリカなどで、毒蜘蛛として知られる「タランチュラ」がいるはずなのにいない地域には必ずこの生物が住んでいる。タランチュラを仕留め、その体内に卵を産みつける世界最大のハチ、「オオベッコウバチ(タランチュラホーク)」のギャラリー。


スポンサーリンク


1.


2.


3.


4.




コメント一覧

  1. 名無しさん November 05, 2017 01:21

    オオベッコウバチがいるところには、タランチュラが、足らんちゅら!

  2. 名無しさん November 05, 2017 02:06

    デカいな、
    模型みたいだ

  3. 名無しさん November 05, 2017 15:12

    黄色がないから蜂っぽく見えない

  4. 名無しさん November 05, 2017 18:26

    でっかいアリ

  5. 名無しさん November 05, 2017 20:14

    餌がないと子孫を残せないんだから
    こいつがいるのにタランチュラがいないわけがない

  6. 名無しさん November 06, 2017 00:02

    >>5
    それ

  7. 名無しさん November 06, 2017 00:42

    わが家に12センチものクモが歩いてて焦った。タランチュラかた思った💧アシダカグモというらしいがコレのおかげてゴキブリがいなくなった!クモいーよー!ゴキブリの方が好きな人はいないよね??

  8. 名無しさん November 07, 2017 12:26

    大きさだけならオオスズメバチといい勝負だな

  9. 名無しさん November 08, 2017 21:04

    足がけっこう長いね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。