【驚愕】彫刻家、鉛筆の芯で「鳥籠の中にいる鳥」を完成させてしまうwww(動画)

ロシアの彫刻家であるSalavat Fidaiが、顕微鏡と複数の彫刻刀を使用し鉛筆の先に「鳥籠の中にいる鳥」を作ってしまう。まるで魔法のような技術と話題に。


スポンサーリンク


≪MOVIE≫ I carve The Bird In A Cage from a Pencil (and this is not magic)



コメント一覧

  1. 名無しさん August 04, 2018 01:23

    頂点のリングが固定では無くて、動いたら完璧だなあ。でもすごい。

  2. 名無しさん August 04, 2018 03:36

    日本の鉛筆に比べて芯が太そうに見えるな
    と思ったらジャンボサイズペンシルd5mmって書いてあった
    もちろんそれでも凄い

  3. 名無しさん August 04, 2018 06:18

    隙間から逃げれるやん

  4. 名無しさん August 04, 2018 06:22

    こんな細かい作業が出来るということは
    このロシア人はまだアル中じゃないんだな

  5. 名無しさん August 04, 2018 07:47

    お見事。ボケが思いつかんわ。

  6. 名無しさん August 04, 2018 08:55

    刃先の震えがない
    直線を容易に往復できる
    よって、何らかの治具を使用していることが予想される
    てこの原理で、手が動いた何分の一しか刃先が動かないってやつ
    あとは根気と暇な時間さえあれば。
    1cm四方の折り紙で待ち針使って鶴折るのも結構簡単だったから、
    日本人だとこれ作れる人結構いるはず

  7. 名無しさん August 04, 2018 10:37

    ↑というか鉛筆の先削るアーティストって結構いるよな

  8. 名無しさん August 04, 2018 10:43

    鉛筆の芯で、でしょう? 凄いじゃないッスかぁ~?

  9. 名無しさん August 04, 2018 11:49

    何の生産性もないが
    4分28秒、見入ってしまった

  10. 名無しさん August 04, 2018 21:49

    ウーロンの中の鳥に見えた((((;゚Д゚)))))))

  11. 名無しさん August 04, 2018 22:18

    Salavat Fidai で検索すると凄いのがたくさんあるよ

  12. 名無しさん August 05, 2018 07:37

    たくさん道具を使うのかと思ったら、デザインナイフ一本だった。すげー。

  13. 名無しさん August 05, 2018 23:35

    おれもこれ、すりーでぃーぷりんたでつくれるぞ すごいだろ

  14. 名無しさん August 06, 2018 20:51

    ※13
    バカがバカのふりしなくても

  15. 名無しさん August 06, 2018 23:26

    コレ俺出来るわ。俺だったら1000番でペーパーがけしちゃう。
    一つ一つの作業をマクロのイメージで捉えると自分がミクロになって土木工事してるような…不没入してくからいつまでも作業出来る感じ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。