オリンピック競技 “体操” の歴史をまとめた動画が凄い!50年でここまで進化したのか…


オリンピック競技として注目を集めている ”体操” の50年間をまとめた動画。同じ競技とは思えないほどに進化しているのが分かる。


スポンサーリンク


≪MOVIE≫ Гимнастика 1960 2012




コメント一覧

  1. 名無しさん April 19, 2017 19:10

    凄い全然違うやん

  2. 名無しさん April 19, 2017 21:05

    スポーツのルールもかなり変更されていますから

  3. 名無しさん April 19, 2017 23:52

    (\ ̄∇ ̄/)コマネチ!!

  4. 名無しさん April 20, 2017 03:30

    毎年ってほどじゃないがルールは微妙に変わってる
    鉄棒でだが80年代と90年代は回転を競い合った時代で、90年中ごろの回転力は最高潮に達した
    反面、回転力に全ブリしたため不格好な姿勢をさらすハメになり、90年代後半では回転(最大回転力)を競うことを控える結果になった。実際この頃の回ってる姿勢はみっともない

  5. 名無しさん April 20, 2017 06:10

    俺50年前なら金メダル間違いなし。

  6. 名無しさん April 20, 2017 12:30

    床下のバネの質も違うの?

  7. 名無しさん April 21, 2017 01:16

    ※5
    あ、じゃあ俺銀メダル。

  8. 名無しさん April 21, 2017 10:43

    忘れちゃいけないのが競技の「器械体操」にもあるように「器械」自体も進化しているということ。

    鉄棒は従来の物よりも柱が固定されワイヤーで張って安定性が加えられ、握り棒と支柱の接点部は稼働するようになり、握り棒自体が大きくしなるようになった。
    その為、難易度の高い離れ技が可能になり鉄棒競技を大きく進化させた。

    続いて跳馬においては当初、鞍馬と殆ど同じ形のものを使用していたが現在のように着手面積が広くなることによってロンダードからの着手など様々な演技が可能になった

    って本で読んだことがある。俺ブレイクダンスしかやってないから分からないけど。

  9. 名無しさん April 21, 2017 19:58

    床もな!

    昔の床は跳ねなかったが、今の床は跳ねるし・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。